禁煙外来

禁煙外来とは

なぜ、受診が必要か…

タバコに対する「心理的依存(習慣)」、イライラなどの離脱症状(禁断症状)を起こす「ニコチン依存」は、医師やお薬の力を借りなければ、なかなか克服できるものではありません。

禁煙が難しいのは、たばこに含まれるニコチンへの薬物依存である「身体的依存」と喫煙習慣による「心理的依存」の二つの依存を克服していかなければなりません。二つの依存を同時に克服することが、禁煙への近道です。

禁煙外来ではどのようなスケジュールで治療が進んでいくか

step 1

初診時の問診では、治療法の説明の他「ニコチン依存度」「喫煙の状態」「喫煙の関心度」などをチェックし、呼気中(吐き出す息)の一酸化炭素濃度の測定、禁煙開始日の決定と「禁煙誓約書」へのサイン、次回の診察日を決め、治療のための禁煙補助薬の処方を致します。

step 2

初診時から2週目に再診し、喫煙の状況の問診を行います。呼気中の一酸化炭素の濃度の測定をし、禁煙補助薬の追加処方を致します。

step 3, step 4

4週目、8週目の再診も、一酸化炭素の測定。出現した離脱症状の確認をし、対症法などのカウンセリングと治療を行います。

step 5

12週目の再診が最終回。治療終了!禁煙に成功していれば、そのまま禁煙を継続していくためのカウンセリングを行います。
(保険診療で認められている通院回数は、初診を含めて計5回、期間は3か月です。)

依存の克服

いったん禁煙に成功しても、ちょっとしたきっかけで喫煙を再開することがあります。
禁煙すると人によって、さまざまな離脱症状(禁断症状)が出てきます。これらの症状はの多くは、ニコチンに依存していた体の中からニコチンが抜け出すためにみられるものです。

ちょっとしたきっかけで喫煙を再開…

アルコールの席、仕事上のストレス、対人ストレス、気分の落ち込み

さまざまな離脱症状(禁断症状)

タバコが吸いたい、体がだるい・眠い、イライラ落ち着かない、頭痛

対症法は…

水を飲む・深呼吸・ガムや干し昆布を噛む・軽い運動・十分に睡眠をとる・ストレッチなど自分に合った方法でリラックス・足を高くし仰向けに寝るなど、自分に合った方法で継続のコツを掴んで禁煙を続けましょう。

当院では禁煙治療薬を保険診療で処方できます。
費用は、3割負担で12週間、診察料と薬代で2万円程になります。
煙草1箱(20本)吸っていらっしゃる方は、やめた煙草代金だけで禁煙ができることになりますので、一度ご相談にいらっしゃるようお勧めします。

TEL:03-3231-1003

日本橋榎本内科
〒103-0027
東京都中央区日本橋3-3-12 E-1ビル3F
電話:03-3231-1003

アクセスマップ

診療受付時間

診療受付時間
8:30~ 12:15
15:00~17:45
 休診日  土・日・祝日

診療科目

  • 内科
  • 消化器内科
  • アレルギー科
  • 健康診断
  • 企業健診
  • 区民健診
  • 人間ドック

問診票